2007年07月24日

憲法9条を生かして戦争に加担しない

1回/3年に半数の参議院議員が改選となる参議院議員の選挙は、日程は法律で決められた枠内で実施する。今回の選挙も予定より2週間程遅れたが7/29(日)の投票となる。
参議院選挙は、このように1回/3年来るのでそれまでの政党政治がほんとうに庶民の暮らしを楽にしてくれたかを自分自身の生活レベルや友人、知人、弱者などがほんとうに救われている世の中が形成されているか、見極めるのに良い機会です。
さてこの記事を読んでいるあなたやあなたの家族、親戚、友人、知人の生活は豊かになったのでしょうか?
→90%以上の人がNOと答えるのではないかと思います。
今日の新聞を読んでいても日雇いアルバイトでアパートを借りるだけ収入がなくネットカフェで寝泊りしている人が増加しているとの事です。
それ以外に前小泉首相以降政府与党が生活苦に追いやった家計費負担はあげてみよう。
@厚生年金保険料が04年10月から0.354%14年間上がり続ける。
A国民保険料の引き上げ05年4月から毎年月280円づつあがる。
B年金もらっている人への課税強化
C70歳以上医療費の窓口負担増加
D生活保護受給者への加算廃止
原則70歳以上を対象に最大17930円を上乗せ支給していた老齢加算を04年度から段階的に
減額し06年度に廃止
E障害者の自己負担増し
F介護保険料の値上げ
G6月より住民税1所帯当たり5000円/月〜10000円/月負担増し
H消えた年金問題は国民の生活に直結しているのにわかっていて与党(自民党、公明党)
放置しっぱなしだった事
I自民党政治家の政治活動における事務所費に使途不明をとぼけている。
国民の血税(苦しい病院も行けないで食費もきりつめて生活しているのに)
を政党助成金としてもらっておいて使い道は明かさずとぼけている。
与党(自民党、公明党)が決めたザル法(法律の網にかからないように配慮した法案)
を守っていると開きなおっている。この法律が正しいと選挙で言い訳している。
(松岡前農水相、赤城農水相、塩崎官房長官、佐田前行革担当相、伊吹文明文化相、
長勢法相、甘利経産相)
J自民党と公明党は消えた年金真の原因も究明しないし
責任者の国会での証人喚問もしないまま社会保険庁を解体する。
K官僚の天下りや官僚と政治家と緑資源機構の談合問題も不明のままこれも又
証拠隠しの為解体
L小泉前首相時で来たやらせタウンミーティング
その他数え上げればきりがないくらい汚れきったお粗末な政治を良くこれだけしてくれたもです。

又参議院選挙が終わると今度は
保留になっていた消費税増税、ホワイトカラー族へのいくら働いても残業が付かない制度の
導入や製造派遣法の見直しによる製造派遣3年後の正社員化の道が閉ざされる法律などを
今度は強行採決しようとしている自民党と公明党です。
それ以外に重要な憲法9条を改正し戦争に自衛隊が加担する法律を決めて行こうとしている。
(自民党は日本を戦争に巻き込もうとしうえいます。)
これらが選挙では話してくれない国民に直接関係する現与党の重要な今後の日本の政治の方向
なのです。確か@〜Lまでも小泉前首相と安部政権が国民の悲鳴に耳を傾けず
自民党と公明党の国会議員の議員数のみで決めて来た暮らしなのです。
もうこりごりです。こんな国民無視の政治はやめてほしい。
そして野党中心で国民の悲鳴に耳を傾け憲法を守って平和を守ってくれる
共産党、社民党、民主党にエールを送りたい。
オススメモバイル通販サイトの御案内
モバイル通販サポート
posted by ピース at 23:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。