2009年05月05日

今憲法9条と生存権が自公政治の強権政治で奪われている。

5/3憲法記念日日本の憲法はすばらしい。
でもこの憲法を守り磨く事ができない差別社会が起きている。
自公政治家は憲法25条の生存権も奪い生活苦となった。
自公の衆議院議員が2/3以上いると弱者拡大の差別社会が
広がるばかりです。
衆議院の解散総選挙が間近にせまってきました。
自民党と公明党に対しては今度の衆議院選挙での公約やマニフェスト
この10年間弱い立場国民の為になることを
何をやってくれたかをまず振り返ってみよう。結論から言うと
格差社会の拡大の流れを増幅させた事につきます。
。弱い立場の国民が生きていける日本に戻す為に必要なのです

@年収200万円以下の給与所得者が2006年、2007年と1000万人
を超えている事です。
10年前の1996年には800万人以下でした。
この10年間で年収200万円以下の階層が200万人も増加した事です。
これは自公政権が働く人への差別政治として
派遣法の度重なる改正で製造業への労働者派遣を認めた法改正を衆議院の数の力で強引な採決で通過させた事が引き金です。
その後日雇い派遣も一機に増え労働者が保護されない使い捨ての社会を作り続けているのです。
弱い人へ心から手を差し延べ実行してくれている共産党と社民党にエールをおくりたい。
特に共産党の消費税増税反対と財源に金持ちや企業への大減税
を廃止し防衛費の削減と食品にかかる消費税減税や
製造業への派遣社員化の廃止を含めた働く人を救済する法案に
大賛成です。
posted by ピース at 15:05| Comment(61) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。